旅行中の服の扱いってなんとかなるもんだって話

前回に続き、タイでの話。

 

タイに行って自分をひたすら癒してきたわたしです。

https://www.instagram.com/p/BSI8STVFWPD/

とことん飲んだタイ旅行でした

 

それはもうわたしにとって天国でした。

今回は3泊4日という小旅行だったが

1日1マッサージをするという贅沢。だって安いんだもん。

 

そして、普段はゲストハウス(共通の部屋で寝泊まりする安宿)に泊まって

安く仕上げるわたしなのですが

今回、渡航費+ホテル込で5万のプランがあったので

これまた安くうまく旅行したいと自分なりにやりくりしてみました。

 

といっても本当に些細なことなので温かい目で読んでください。

 

まず3泊4日といっても

バックパックに物を入れる量は限られています。

 

そこで私は

ジップロック(圧縮袋のように使えます)に二日分の下着と着回しできるシャツ1枚とパンツ1枚しか

持っていきませんでした。

 

ところがタイの3月を侮ることなかれ、暑いです。そのうえ湿気もひどい。

名古屋の8月の暑さを上回るほどでした。

 

最初はこんな暑さ名古屋で鍛えてるから平気だぜ!などと強がっていましたが

寒暖の差でやられシャワーを浴びないとやってられない。

 

そのうち、問題が出てきました

 

 

下着がない、、

これはもうノーパンで旅行するしかないのか・・・

 

そんな時に役立つのがこちら

 

ジッパー付き袋+1回分の洗濯洗剤(ドラッグストアに売ってます)

袋に水を入れます

その中に洗剤を投入(どケチで下着と服は別洗い派のわたしは半分量を投入)

 

そこに洗濯物をぶち込みモミモミする

 

だけ。

 

手が汚れないうえに、手が荒れないからイイネ!

 

あとは何回かすすいで、絞れば完了。

 

ここでまたも難点

 

干すところがないじゃないか。。

 

今回はホテル泊まりできれいな場所だったが、

グレード低めで寝れれば充分の部屋だった。

そこまでの部屋作りで、突起物がないのだ

 

そんな時に便利なもの。

 

ビニール紐。

 

こいつは重宝します。

話が変わりますが、空港でバックパックを預ける際に

カバーした上からビニール紐でカバンをぐるぐる巻きにして

中の物が飛び散らないようにしたことがあります。受け取ったとき見苦しかったけど。

 

 

さて、干しましょう。まず自分のバックパックに一つ縛り

 

からの、室内どこでもいいので突起物を探しましょう。

今回はクローゼットをなんとか紐を通せそうだったので縛り。

(ものは壊さぬようお気をつけて)

そして干す。ショーツはお見せできませんゆえ。

 

なんとか短期宿泊中は持つことでしょう。

 

女一人旅のお役に立てたら幸いです。

 

本日の音楽はこちら

洗濯物たち(Team K)

洗濯物たち(Team K)

  • AKB48
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes