可愛いお靴を可愛がってあげてますか?って話

今週のお題「わたしの一足」

 

わたしは足元は気にする方だ。

気になる異性がいると足元を必ずチェックする。

匂いとかじゃなくて、

靴の形が崩れていないかとか、

靴をお手入れしているかとか。

 

その靴で仕事時はもちろん、歌って足を踏ん張るとき、

楽しくて飛び跳ねるとき、怖くて足が震えるとき、

その人を支えているのだから大事にしないとね。

 

靴は毎日使うものだ。

そんな相棒の靴に感謝して手入れする習慣をつけている。

靴磨きって案外楽しいものですよ。

磨いているときは、無になれるし、綺麗になると嬉しいし。

 

そんなわたしの一足は、TRIPPENというメーカーだ。

ドイツ生まれで、シルエットが何とも言えない個性的な靴です。

 

人気のシリーズはBOMBというコロンとした小人ブーツではないだろうか。

 

履けばもちろん履き心地のよさに驚く。

でもそれだけじゃない。

他の靴と味の出方が違う。

それはひとつひとつ職人の手で丁寧に作り上げられているところから

人間工学に基づいて開発されているところにあるのではないだろうか。

 

 

わたしは学生時代に、受験や検定試験があるたびに

勉強に対して熱心な祖母と

「◎◎の試験受かったらこの靴をプレゼントにお祝いするよ」

と約束をしては成果を出して買ってもらったものです。

 

なかなか手の出せないお値段なのでとても嬉しいご褒美でしたね・・・

 

今じゃなかなか買えないので

それこそちゃんとお手入れして永く使って、

自分の味を出したいと思える大事な靴のひとつです。

 

写真は編集次第載せます。

 

 

 

話がそれるけど、

昨年、足をはく離骨折して履いていたギプスシーネも

いろんな意味でわたしの一足です(白目)

 

本日の音楽

HEATWAVE/明日のために靴を磨こう

 明日のために靴を磨こう